読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーエルビボウロク

テラスハウス恋んトスバチェラージャパン

東京タラレバ娘7巻ネタバレ25話「幸せ女」遂にタラレバ女卒業かと思いきやKEYが限界に…!




東京タラレバ娘ネタバレ、25話「幸せ女」です!

早坂さんと付き合い、同棲する話が出て舞い上がる倫子。ついにタラレバ女卒業か!?

 

東京タラレバ娘7巻ネタバレ25話「幸せ女」

前回24話はこちら 


「幸せ女」

早坂さんと2人暮らすことを決めたら大きな鍋が欲しくなった

 

倫子はマミちゃんに早坂と付き合い始めたことを報告しようとするが、

マミちゃんは既に仕事で会ったKEYに聞いていた。

KEYは「マミちゃんが捨てた男とすぐ拾ったなんてつまらないプライドが渦巻いてるんだよ」と倫子を酷評していた。

マミちゃんは元々早坂は倫子が好きだったんですから、とフォロー。

KEYが他になんか言ってなかったか気になる倫子に対し、

マミちゃんはKEYと倫子の中が怪しいと気付いていた。

「芸能人に遊ばれちゃダメです、プロなら線引かなきゃ」

とまた10も年下の子に説教された倫子。

 

元々KEYの連絡先も知らない。

倫子は気持ちを切り替えて、早坂との2人暮らしに邁進する。

 

 

早坂と倫子の引越しの日、手伝いに来た香と小雪。

幸せそうな2人を見て、素直に幸せそうだと思えた小雪。

引っ越しが大体片付きご飯に行こうというと、

僕はお邪魔だしまだやることがありますと遠慮する早坂。

 

大衆酒場で女だけで話し始める。

正直、ここ数か月いろいろあった倫子に対し最終的に早坂に落ち着いたことを、

本当にこれでよかったのか?と半ば疑問があった香。

倫子は、33歳だけど考えが若かった

早坂と一緒にいて、ちゃんと年相応の恋愛が出来る気がする

と話した。

香と小雪は、倫子を応援する!

としつつ自分たちもセカンドや不倫をやめて後を追うから!

と友情を確認し合う。

 

一方、倫子が早坂と住むため事務所を出て、

仕事場はマミちゃんの個人事務所に様変わりしていた。

KEYの事務所社長から、堂越監督の映画を手伝ってほしいと連絡が入る。

マミは快諾し、社長はKEYにもそれを電話で伝えた。

 

明日の撮影は病院の屋上でインタビューさせてほしいと言っている、

丸井が入院した時に倫子たちと向かったあの病院だった。

KEYは7年経っているし、大丈夫ですよ、と言うが…

 

社長との電話を切った後、

先生の最期を回想し想いがこみ上げる。

ウイスキーを一気飲みしたKEYは…

 

 

無事引っ越しを済ませた早坂と倫子は、

引っ越し祝いに今晩鍋をしようと約束。

倫子はシャンパンを用意するね!と浮かれていた。

 

マミがKEYの事務所に行くと、

KEYが監督と約束した病院の屋上に来ていないという。

社長はマミに今回の映画のテーマを話し、

KEYの幼少期からのビデオを見せた。

そしてKEYを探すのを手伝ってほしいという。

ビデオに映る先生を見たマミは驚くが…

 

KEYはどこかの海岸でひとり、酒を煽っていた。

 

社長は、KEYをモデルにした経緯を語り始めた。

妹の夢をかなえるためにKEYは結婚

妹が亡くなってからKEYはボロボロになり高校も辞め、

笑えなくなったKEYに無理やりモデルの仕事をさせたという。

ずっと黒髪だったが、仕事で金髪にしてから

別人のようになった気分だと話していたKEY。

 

 

マミはDVDを持って香と小雪の元に急いでいた。

KEYと先生のビデオを再生し、一緒に見る。

香と小雪はすぐに先生が倫子に似ていることに気づく。

顔や輪郭、何より雰囲気がそっくりだった。

 

香と小雪に今のKEYの状況、

倫子とKEYの関係も知っていると伝えたうえでマミは…

 

「本当はKEYさん 倫子さんのこと好きなんだと思います」

「自分では気づいてないかもしれないけど」

 

と宣言した。

 

香・小雪・マミは急いで倫子宅へ。

シャンパンの用意をしていた倫子に

 

「状況が変わった、昨日幸せになってね、応援するね、と誓ったけど」

「倫子 第4出勤」

 

~つづく~

 

 

EKiss 2016年12月号[2016年10月25日発売] [雑誌]

EKiss 2016年12月号[2016年10月25日発売] [雑誌]

  • 作者: 二ノ宮知子,柘植文,東村アキコ,鈴木由美子,今日マチ子,アキヤマ香,海野つなみ,小川彌生,高須賀由枝,小沢真理,石田拓実,ひうらさとる,久世番子,有賀リエ,花本鹿乃子,六多いくみ,伊藤理佐,ともえ,小島慶子,ジュリアンルルー
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/10/25
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る