オーエルビボウロク

テラスハウス・あいのり ネタバレ感想ブログ

あいのり2ネタバレ6話「愛と哀しみのカトマンズ」でっぱりん史上最大級の暴走でメンバースタッフ続々リタイア宣言!


★おすすめ★ ▽テラハ・あいのり配信中!
フジテレビ公式動画配信サービスFOD

▼モンスターハウス・恋んトス全シーズン配信中!
登録月無料!Paravi

▽バチェラー・ジャパン全話配信中!
Amazonプライムビデオ


▲フォローしてネタバレをいち早く!記事の更新をお知らせしています。▲

あいのり2ネタバレ6話「愛と哀しみのカトマンズ」をまとめています。

12月6日(木)配信!

並々ならない気持ちであいのりに参加したでっぱりん。

旅を続けるうち、少しづつ積もり積もっていた感情が爆発してしまう。

事態はスタッフも巻き込み大変なことに…

f:id:karuhaito:20181024001154j:plain

 

 

 

 

 

 

 

あいのり2 配信開始日・見る方法

アジア各地を巡るピンクのラブワゴンに乗り、見知らぬ男女7人が真実の愛を探す地球無期限の旅。今回も旅のおきては、告白してOKならキスして帰国、NOなら一人で帰国。果たして真実の愛を手にすることは出来るのか!?

 

あいのり:AsianJourney シーズン2

2018年11月1日(木)より Netflix にて独占先行配信開始

2018年12月1日(土)より FODで配信開始

※過去のあいのりも配信中!→あいのり Asian Journey

※配信開始時点ではテレビ放送は未定です。

 

 

 

あいのり2 メンバー

f:id:karuhaito:20181208185155j:plain

  • トム
  • Dr.モリモリ
  • みゃんまー 
  • 英くん
  • ユウちゃん
  • モア
  • でっぱりん

   

 

あいのり2ネタバレ6話「愛と哀しみのカトマンズ」

前回のお話 

 

新メンバー英クンを迎えて2か国目ネパールで旅を始めた7人。

この国で成長したいユウちゃんを応援し続けるでっぱりんとモアだが、ユウちゃんはいつも女子メンバーに頼り切り。

そして、楽しいはずの英クンの歓迎会で事件が起こる・・・

 

f:id:karuhaito:20181208185245j:plain

ネパールを走るラブワゴン

ストリートチルドレンがさまよっている街中

運転手さんがお金を渡していた

 

7人はネパールで有名な定食をいただくことに

現地の習慣に習い、手を洗って素手で頂く。

カレー味の総菜に豆スープ、ご飯。

インドで毎日カレーだったメンバーはうんざりしていたが、食べてみると美味しく頂けた。

 

駐車場では、でっぱりんとモアがユウちゃんにゲキを飛ばしていた。

実はユウちゃんは金庫番になったものの、人に頼ってばかりで自分の力で何もしていなかった。頑張ろう、頑張ろうと声をかけていたが…

旅の中でユウちゃんはでっぱりんに頼り切っていて、でっぱりんは半ば呆れていたのだった。それでも、良くなるようにとビシバシ言っていこうと思っていた。

 

その日の夕方、新メンバー英くんの歓迎会。

乾杯すると、英くんのグラスの底がぬけた!

不吉なできごとの始まりだった…

 

 

 

 

男と女の修羅場がはじまろうとしていた。

お酒も進み、でっぱりんが2回目のあいのりへの気持ちを語り始めた。

この旅では男子メンバーへの不満が募っていたのだった。ビューラーやコンシーラーまで持参し常に鏡を見ている男子メンバーに対してテレビ出たいだけやろ!恋愛しに来てるというよりただの旅好き野郎が多い、とでっぱりんはスタッフに打ち明けていた。

でっぱりんは、男子メンバーのダメなところも見たいし、本音でぶつかって欲しいと話した。時間が過ぎ、でっぱりんはまだ考え込んでいた。モリモリといい感じかと思っていたのに、モアの肩にもたれかかっているところを目撃してしまった。毎日毎日ユウちゃんに頼られてばかり…でっぱりんは積もり積もった感情を抑えきれなくなっていた。

 

その矛先が最初に向いたのはユウちゃん。

「私からすると、ユウちゃんはすごい人に助けを求めるなって思うと」

ユウちゃんは軽く考えていたところがある、と反省していたが、でっぱりんの説教は更にエスカレートする。

「人任せで変われることなんてない」

ユウちゃんの隣に立ち、ひとりで喋りまくるでっぱりん

男子メンバーは誰一人として参戦せず、無言で見守っていた。

ずっとユウちゃんに対して話していたでっぱりんだったが、無反応な男子メンバーにも矛先が向いていった。

 

 

 

「で、お前らはなんや?あたしも味方もせんければ、こっちの見方もせんとか」

本当の気持ちが聞きたい、喧嘩がめんどくさいから言わんのか、こんなんやったらハト胸と喧嘩しとった方がまだマシやわ、とまくし立てる。

みゃんまーが口を開いた

「でっぱりんが言ってる時に口を出さなかったのは、いい刺激になると思って」

でっぱりん「いい刺激になる?あたしが言うのと2人で言うのとどっちが刺激になる?」

みゃんまー「2人」

でっぱりん「じゃあ2人で言った方がええやん」

みゃんまー「え、え、あ、うん」

 

 

 

 

でっぱりんは他の男子メンバーに矛先を向けた

でっぱりん「(トムへ)お前、2回やろ?なんで何も言わんの?」

まくし立てられてキョドるトム「(ユウちゃんに)でっぱりんがこんな言ってあげるなんてないよ、おれいったよね、でっぱりんに頼りすぎだよって」

何でそう思った時に言わないのとまた詰められて無言になるトム

 

すると…

モリモリ「はい、言わしてもらう。でっぱりんがユウちゃんに求めるレベルが高すぎて、ユウちゃんがついていけん所もあると思う。俺らからすると、最初のインドの旅から比べたらユウちゃんぶっちゃけめっちゃ成長してると思うし…」

でっぱりん「そう思われとうとよ、レベルが高いって。じゃあもう相談すんなよ」

みゃんまー「相談はよくない?」

でっぱりん「なんで相談すんのがじゃあオッケーなん?じゃあお前あたしの立場になって考えてみろや!」

でっぱりんはささいなことも自分に判断を求めてくるユウちゃんに限界を感じていた。それをわからんお前らに簡単に相談はいいやんとか言うな!と激しくまくし立てた。

ユウちゃん「ごめんなさい…」

 

 

 

 

でっぱりん「甘えるタイプやろ自分、そうしとけばモテると思ってんの?」

ユウちゃん「そんな風には思ってないもん、私」

はっきりと自分の気持ちを伝えたユウちゃん

 

するとトムが退席してしまった

トム「あの場をおさめるのは無理、もう何を言ってもきかない」

以前でっぱりんと第2次大戦をしているトムはすでにあきらめの表情

 

まだまだ続くでっぱりんの攻撃

これ以上は危険だと判断し、あいのりディレクター塙さんが立ち入る

「今日は一度終えて、明日また酒がないところで話そう」

しかしでっぱりんは「もうちょっとほしい。うん、無理。あたしこのまんま終わるのはマジで無理!」

重鎮ディレクター塙さんは静かに後退。

 

 

 

 

でっぱりんが想いを寄せるモリモリが発言

「ユウちゃんが成長するとか、モアとでっぱりんがユウちゃんについてどう思うかとかはぶっちゃけ俺の課題ではないし、全く関係ないと思ってる」

でっぱりんは”課題じゃない”というところに噛みついた。モリモリは人に興味ないんよ、と指摘する

 

でっぱりんは前のあいのりで色々やらかし、アンチも増えたけど、好きっていってくれる人を大切にしたい。本当に好きって思える人と出会いたいやん、と涙ながらに語るでっぱりんの言葉を静かに聞くメンバーだったが…。

 

 

 

 

スタジオトーク

 

<後半戦スタートの前に注意テロップが表示される>

f:id:karuhaito:20181208194109j:plain

f:id:karuhaito:20181208194100j:plain

 

男子メンバーへの怒りが収まらないでっぱりん

しかしお店が閉店時間になり、終了を促すディレクター

でっぱりんは続けたい!女子部屋で続きするから全員来いや!と強引に立ち去る。うんざりした表情の男子メンバー。ユウちゃんも憔悴している。

 

モアと共にホテルへ向かうでっぱりん。あんな巻き舌で誰があたしのこと好きになるん?と本音を漏らす。でもあそこまで言わないとあいのりにならん、と愚痴をこぼす。

 

店に残っていた男子メンバーは、でっぱりんの対応の仕方を相談する。勝手に勃発させて、暴走して、傍観者になるなって言われても…と疲れ切っていた。

 

一方スタッフに付き添われて歩いていたユウちゃんは涙し、「もういやや、もう…ホテルに戻りたくないです…」そこへ男子メンバーが合流。ユウちゃんをなだめ、今のでっぱりんは人間じゃないから何を言ってもダメ、とトムが諭した。

 

 

 

 

女子部屋ではモアとでっぱりんが未だにイライラを募らせていた。

ホテルへ戻って来た男子メンバー、ユウちゃんがいないことを指摘すると、男子みんなでユウちゃんの「ひとりになりたい」という意見を尊重したという。しかしこれがさらにでっぱりんを暴走させてしまう。

「なんでそれをそのままにするん?なんでこっちにこさせんの?逃げてるやん」

トムとモリモリが探してくる、と部屋を出る。

みゃんまー「それは1人にで考える時間が欲しかったからやろ?今しかできひんやろ?」

変なところに火がついてでっぱりんは部屋を飛び出し、ユウちゃんを探しに行ってしまった。スタッフが追いかける!

ユウちゃんはトムとモリモリに付き添われホテルへ向かっていた。

 

 

 

 

でっぱりんと、ユウちゃん・トム・モリモリが路上で鉢合わせた

勢いよくユウちゃんの肩を押すでっぱりん

「おい!お前みんなで話そうっつったよね?なんでそうなるん?」

食ってかかりそうなでっぱりんをスタッフとトムが止める

「おかしいやろ!なぁ!貴様コラぁ!」

でっぱりんを押さえていたトムに殴りかかりそうになる

モアも到着し、暴走を止めようとするが…

「おい!おい!離せってゴラぁああ!」

トムがユウちゃんをかばっているような状況が気に入らないのか、でっぱりんの矛先はトムへ

 

 

 

トムを足蹴りにするでっぱりんをモアとディレクターが一生懸命止める

暴走しまくるでっぱりんを押さえるディレクター

ギャラリーも集まってしまった

でっぱりんを抱え込みながら倒れ、

「ウワーーーーーーーーーーーーー!あああああああああああ!!」

泣き叫ぶでっぱりんをみんな見守っていた

スタッフに抑えられ、半ば連行されるような恰好でホテルへ戻されたでっぱりん

しかしなかなか興奮はおさまらなかった

 

 

 

 

一方トムは…

モアが見つけて追いかけるが…

「もう無理!ただ止めただけじゃん」

トムは号泣「どうすればいい?このままだったら旅自体が終わっちゃう…リタイアしたい、逃げだって分かってるけど」

 

一方ユウちゃんは…

同行プロデューサーと共に路上に座りこんでいた

「来んかったらよかったかなとか…こんなんじゃもう恋愛はできません、好きとか言えないです、もう帰りたいです」

プロデューサーは慰める言葉も出なかった

 

ホテルではでっぱりんの興奮収まらない言葉を静かにディレクターが聞いていた

「もうあたしのことなんて嫌いになったらいい、もうどうでもいいもん、別に恋愛したいとか思ってないし!リタイアするし!来んかったらよかった、もう帰るし、飛行機用意して!夜中でも全然出発するから」

ディレクターは慰める言葉も出なかった

 

 

 

 

深夜2時

スタッフルーム

塙D「いや~疲れたなんてもんじゃないですね」

同行P「3人リタイアしちゃまずいです、どうします?」

塙D「う~ん…俺もリタイアしたいなぁああ…」

 

次回へ続く!

 

olbibo.hateblo.jp

 

 

 

 

 

あいのりアジアンジャーニーを振り返る!

あいのり Asian Journeyシーズン1はネットフリックス、FODで配信中です!

シーズン1もネタバレ書いたり、メンバープロフィールを作ったりしましたので是非ご覧ください。

シーズン1は、アスカ&裕ちゃん、シャイボーイ&かすが、でっぱりん&あきらと3組のカップルが成立。でっぱりん達はすぐ別れちゃったみたいですが、その他2組は帰国後も仲良くやっているみたいです。